月別アーカイブ: 2012年2月

山車 復原修理 最新情報 一本柱立つ!

ついに一本柱が立ちました! 大工さんによると、予想よりもしっかりと立ったとのこと。 4寸という太さも、他の山車に比べると細めですが、 立ててみるとそれほど違和感がありません。 近日中に山車小屋に置きっぱなしの車輪を作業場 … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 あげうら

人形台座の底の部分(地面から見上げたら見える部分)を「あげうら」というそうです。 あげうらは雲の彫刻で飾られます。 現在、荒彫りの真っ最中

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

飯能雛かざり展 2011

毎年恒例のこのイベントが今年も飯能市内全域で開かれています。 メイン会場はもちろん我が二丁目の店蔵絹甚。 平日でもたくさんの人が歩っていて街中が賑やかです。 普段気になってもなかなか入れないような店に、気軽に入れるのも魅 … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目のこと 飯能のこと | コメントする

山車 復原修理 最新情報 一本柱

一本柱です。 土台部分の痕跡などから判明した寸法(4寸角)で製作中。 丸い穴は、前回紹介した回転軸となる棒を差し込む部分。 奥の方の四角い穴は、かんざしとよばれる木を差し込む部分です。  

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 箱棟②

箱棟の補修進捗状況です。 中央部の一本柱が通る切れ目の部分。 痛みが激しかったので新材で補修してあります。 細かい破損個所はおがくずが入った特殊な接着剤で直すそうです。 手前に唐破風が写っていますが、前後の破風で木の種類 … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 添え柱②

またまた写真が届きました。 添え柱の加工が進んでいます。 写真左側が土台にささる部分。右側が上。 長方形の穴があいていますが、一本柱を立てた後ここに「かんざし」とよばれる木をさして固定します。 こちらが土台にささる部分で … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 添え柱

一本柱を支える添え柱です。 2本の添え柱が土台から立ち、そこに一本柱をはさんで固定します。 こちらの作業も始まりました。 これが山車小屋に残っていた古い添え柱。これをもとに復原します。  

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 屋根②

屋根の垂木が組みあがりました。 きれいにできました。写真だと左上と右上、欠けている部分に一本柱が通ります。 黒く塗って・・・ このように乗ります。140年前はこの状態で油紙が貼ってあったのでしょう。 今回は耐久性も考慮し … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 箱棟

屋根のてっぺんにのる箱棟です。 大正時代以来、銅板で覆われていましたが、今回の復原で元に戻します。 銅板をはがしたところです↓ 垂木同様に墨かなにかで黒く塗られていました。だいぶ褪色しています、 これから破損している部分 … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 台座の彫刻

一本柱の先端には、四枚の持ち送り彫刻で支えられた六角形の台座が乗ります。 台座の各面は龍の彫刻で飾られますが、現在荒彫りが終わって仕上げに取り掛かっているようです。 幕末から明治初期に造られた現存する山車彫刻の意匠をもと … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする