月別アーカイブ: 2012年3月

山車 復原修理 最新情報 一本柱細部

今回復原した添え柱、土台にささってている部分です。 こちらは一本柱を立てる時に回転軸となる棒がささっているところ。 軸が床上にある山車と、床下にある山車とがあり、二丁目は前者です。 どちらかといえば床下にあるほうが安定は … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

佐倉の山車人形展

二丁目の山車修理と同じ文化庁の助成を受けて、千葉県佐倉市で山車人形展が開かれていました。 もう終わっちゃいましたが、好きな人が行ってきたので写真をもらいました。 幕末から明治初期に作られた人形が6体も残っているそうです。 … 続きを読む

カテゴリー: よそのお祭り | コメントする

山車 復原修理 最新情報 屋根

箱棟です。銅板をはがし黒く塗装しました。 もともと墨のようなもので塗られていたようで、 今回も漆などではなく、黒の塗料で塗りました。 こちらは、格子上に組まれた屋根の上にはる、杉板です。 この板を貼ってさらに銅板で葺きま … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 唐破風

たびたび出てくる破風の話題です。 後からペンキで塗られた部分もあったので、塗装をはがすと・・・ 裏甲(うらごう)、欠眉(かきまゆ)と呼ばれる部分の朱漆の下から黒色の塗装があらわれました。 ということは、当初は黒だったとい … 続きを読む

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする

山車 復原修理 最新情報 人形台座

一本柱にのる台座ですが、すでに高欄の材料は製作がほぼ終わっています。 組み立てるのを待つばかり。 やっぱり舞台回りの高欄よりは一回り小ぶりです。 そして、六角形の三味線胴の加工も始まりました。

カテゴリー: 二丁目の山車 | コメントする