山車 復原修理 最新情報  人形台座の漆塗り

こんどは人形台座の仕上がりの様子です。

龍の彫刻が入るへっこんでいる部分の周りは朱で縁取り。

こちらは高欄。きれいに塗りあがりました。これで既存の古い部分と調和がとれそうです。
こうなってくると、予算が足りずできなかった柱とかの塗りなおしもしたいところです。

今回の視察では漆の仕上がりだけでなく、11月のお祭りでの曳きまわしにむけて台座や高欄の 詳細な寸法計測も行いました。

10月頃に試験曳きをして最終確認をする予定です。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください