柳原 屋台改修

今年、屋台の改修をしていた市内柳原ですが、27日に神明神社にて組立が行われました。
舞台より下の改修です。今までより一回り大きく、そして廻り舞台になりました。

全面改修された土台部分は、立派な象鼻付きの長柄が特徴。
台輪の隅飾りも飯能に多い金具ではなく、木で彫刻が施されています。
上部台輪の隅飾りは彫刻が間に合わないため、後日充填とのこと。
11月のお祭りでは、廻り舞台をフルにいかした運行をして頂ける予定です。
カテゴリー: よそのお祭り パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください