夏祭り風景 その3

町内回りの続きです。

約3時間の町内回りですが、途中で1回休憩が入ります。

近所のお店や町内の皆さんのご厚意で、唐揚げ・煮物・果物などをつまみながら
お酒が飲める楽しい時間です。
昔はもう1ヶ所休憩があって、そこではバナナと日本酒というなかなか素敵なメニューでした。

飯能の町内回りでは、祝い金を頂いた家に底抜けを向け、ひとっ囃子演奏します。

こちらのお宅のおじいさんは、踊りの名手で親和会の師匠でした。
本業は着物に家紋を描いたり刺繍したりする職人さんでした。二丁目には職人もいっぱいいたんです。

カテゴリー: お祭り情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください