山車復原修理 最新情報 ~彫刻修理など~

本日、有識者委員会・町内会役員・親和会役員とで、大工さんの所に
作業状況の視察に行ってきました。

まずはみんなが気になっている彫刻の修理
以前にも載せた鶴の首や龍の髭・角・爪などのほか、破損箇所がすっかりきれいに直っていました。

もちろん、彼の左手も

他にもびっくりするくらい細かい所まで、修理されました。

そして、山車は今こんな感じ

一本柱を立てるにあたり、土台部分の補強です。
長年の曳き回しで、床下の梁?など柱があたる部分の穴が削れて広がってしまい、
横揺れの原因になっていたようです。補強や新材への取替えを行い、丈夫になりました。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください