山車復原修理 最新情報 ~破風~

さらに、後ろの破風板がなかったらしい話の詳細

6本の柱の上には、左右一本ずつ山車前方から後方にかけて桁?(けた)がのります。
そして、桁の前後に破風板が取り付けられるような仕掛けがあります。

こちらは前方破風板を取り付ける部分

そして、こっちは後方の破風板を取り付ける部分

この写真じゃあ比べようがないですが、少し形が違うそうで、細工の精度にも差があるようです。
前後の取り付け部分は同時期に作られたものではない というのが大工さんの見立てで、
ということは、建造当初は前の破風板しかなかったのではないか ということらしいです。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です