二丁目山車 復原修理の記録 

~平成22年11月23日に行われた山車解体作業の様子です~

屋根部分から解体作業が始まりました。

前方の破風上下には彫刻(上:雲に鶴 下:浪に亀)をまずははずします。
落っことさないように慎重に。

彫刻がはずれたら、屋根です。銅板葺きで6枚に分割できる構造です。

屋根を外さないと破風板がとれません。破風板は棟と桁の部材に取り付けられています。この写真は後ろ部分

破風板がはずれました。空が見えます。こちらの写真は前方

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です