山車 復原修理の記録 屋根②

6枚に分割するとこのくらいの大きさになります。

一本柱が立つ所から前方が 左右2枚ずつの計4枚。
後方が 左右1枚ずつの計2枚。

前方の4枚がやや小さめです。

裏側から見るとこんな感じ

写真左側が軒の部分。格子状になっているのが舞台や楽屋の上になる部分。
この山車は天井がないので、組み立てた状態でも屋根の裏側(内側)を見ることができます。

いまは板を張り、その上を銅板で葺いていますが、砂川時代は紙が貼られていたと考えられます。
紙で貼ると光が入り、舞台が明るくなるそうです。

今でも板や銅板ではなく、シートや布が貼ってある山車(昔は紙だった)が多摩の方にもあります。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください