山車復原修理 最新情報

山車復原修理の現在の状況です。

このような感じで、屋根の一部まで仮組みがされていました。ほとんどの彫刻も取り付けられています。

鬼板と懸魚の彫刻、白っぽく見えるのが修理した箇所。古色で塗って仕上げる予定です。

後ろから中央部を見上げた写真です。前半分の棟だけが乗せてあります。
前と後の棟の間に一本柱が立ちます。

他にも、細かい破損箇所の修理ができていました。こちらは、脇障子の部分。
欄干があたって欠けていた部分を埋めてありました。

床下、束?も痛みがあった物は交換してありました。左側の束に添って立っている黒い部材が
柱の一番下部です。この柱も欠けていたので埋めてもらいました。

一本柱と台座の製作もいよいよ始まっています。こちらは台座底の部分につく「あげ裏」の彫刻下絵。

楽しみです。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください