山車 復元修理の記録 柱

屋根は漆塗りの6本の柱で支えられています。

舞台下の土台部分から伸びて

てっぺんの部分に梁と桁がささります。

土台にささる部分。見えないとこなので、漆が塗ってありません。

てっぺん。先っぽの細いところに桁がささり、
ちょっと細いところに梁がささります。

真ん中あたりには穴があいてます。彫り物をさす穴で、
幅が広いところにさして下に落とし込むとはずれません。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です