山車 復原修理 最新情報 屋根

第2期工事完了まで残り2か月といことで、大工さんも大忙しです。

台座と一本柱の復原作業も大事ですが、屋根がかなり危険な状態であることが判明。

この写真は12月に行ったときのものですが、よく見ると金具で補強してる部分があります。
屋根はあまり良い材料でつくってないそうで、垂木が折れていてペコンペコンでした。

今、ヒノキの新材を使ってほとんど作り直しに近い状態だそうです。
垂木部分は二丁目に来てから黒いペンキで塗ってありましたが、それ以前も墨か何かで
黒色をしていたらしく、今回の修理でも黒く仕上げるとのことです。

写真が届いたらまた載せます。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください