屋根修理の写真です

届きました。

みんながなにも知らずに乗っていた、危険な屋根も今は分解されてこんな状態。

新しく造っています。微妙なカーブで数も多く、大変そうですね。

専門家の電気屋さんによると、縦と横の木が交差する部分は釘で固定されているんですが
和釘と洋釘の2種類が使われていて、しかもそれぞれ2つずつ釘の穴が残っているそうです。
なので、おそらく古い時代に造られた屋根が、あとで(飯能に来たときか?)補修されたのであろう
ということらしいです。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です