山車 復原修理 最新情報 台座の彫刻

一本柱の先端には、四枚の持ち送り彫刻で支えられた六角形の台座が乗ります。

台座の各面は龍の彫刻で飾られますが、現在荒彫りが終わって仕上げに取り掛かっているようです。

幕末から明治初期に造られた現存する山車彫刻の意匠をもとに、デザインしたそうです。
写真を見ると同じようなデザインで3対ありますが、それぞれ阿吽になってます。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です