山車 復原修理 最新情報 箱棟

屋根のてっぺんにのる箱棟です。
大正時代以来、銅板で覆われていましたが、今回の復原で元に戻します。
銅板をはがしたところです↓

垂木同様に墨かなにかで黒く塗られていました。だいぶ褪色しています、
これから破損している部分を直して、色も塗ります。

材料は杉で、これも垂木同様にあんまりいい材ではないそうです。

屋根の上でよく見えない部分だから、安いのを使ったのでしょうか?


とりつけるとこんな感じに。中央部の切れているところに一本柱が立ちます。

屋根や一本柱・添え柱の作業も進んでいます。写真がまた届いたので毎日少しずつ更新します。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください