山車 復原修理 最新情報 人形台座

一本柱の上に乗る人形台座です。
盛留とか蓮台などとよばれることもあるようです。

現存する旧砂川村の山車の例にならい、六角形になっています。
三味線胴のくりぬいた部分に龍の彫刻が入ります。

台座のほうは、本年度はとりあえずここまででいったん完成。
来年度に漆塗りをする予定です。

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください