久しぶりの 山車 復原修理の記録 屋根

ごぶさたしています。

山車復原修理事業も3年計画の最後となる、24年度が動き出しました。
そちらも少しずつ紹介していこうと思いますが、まずは終わったところを
ぼちぼち。

屋根の写真です。

銅板をはがしてみたらこんな状態でした。

以前、垂木がほとんど折れていたことを紹介しましたが、銅板と杉板の間の見えないところも
金物で補強してありました。


今回復原新調した屋根がこちら。銅板を貼る前です。
次にこの状態を見られるのは、数十年後の修理の時でしょう。

 

カテゴリー: 二丁目の山車 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です