砂川五番組の大幟

ちょっと話題にでたので・・・

二丁目の山車は砂川村五番組(現・東京都立川市)で建造されました。
一番組から十番組まで十の組に分かれていた砂川村で、幕末から明治初年にかけて各組が競って
山車を造り、往時は十本の山車が揃っていたことは有名な話です。

さらに、山車建造と同時期にこれまた豪華な祭礼幟を造っていて、今でも残されています。
五番組の幟は近年、昭和記念公園のイベントで飾られることがあり、タイミングがあえば見ることができます。
(下の写真は平成19年に飾られた時のものです)

かなり大きな幟ですが、驚くべきはその大きさだけではなく、土台部分の彫刻です。


いろいろお祭りを見てますが、こんだけ豪華な幟の土台はなかなかありません。


幟は万延元年(1860)の製作。山車の建造年は明らかではありませんが、同時期かと思われます。

裏話ですが、大正9年に二丁目で山車を買うとき、当初の予定ではこの幟も買う予定だったのが
紆余曲折があり山車のみ購入したそうです。

二丁目の物になっていたかもしれない幟が、今こうして昭和記念公園に飾られてるっていのは
ちょっと残念でもあり、不思議な気もします。

カテゴリー: 二丁目のこと 飯能のこと パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください