二丁目の会所『絹甚』

 二丁目では、大通りにある「絹甚(きぬじん)」にお祭りの会所を設けます。

明治37年につくられた立派な店蔵で、飯能市の文化財になっています。
40年ほど前までも二丁目の会所として使われていました。その後は違うお店をお借りして
いましたが、数年前に絹甚が復原修理されたのを期に、再び会所として使えるようになりました。


提灯や造り花で飾り、入口にはお諏訪様の紋が入った幕を張ります。
この写真は秋祭りのものです。

 
会所の中には祭壇や受付が作られます。八坂神社の掛軸なので、夏祭りの写真です。

お祭り当日は、内部の一般公開はしていませんが、
普段はガイドさんがいて、2階や奥の部屋まで見られます。絹甚について詳しくは、公式サイトをご覧下さい。

店蔵絹甚 公式サイト http://kinujin.com/

カテゴリー: お祭り情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください